写真③(Templo Expiatorio)

グアダラハラは、メキシコ第二の都市ですが、日本人にとって知名度が高い場所ではないと思います。街の様子を知るために、インターネットでいろいろ調べることもできますが、今回は「グアダラハラ市内観光バス」をご紹介します。地図を片手にバスで市内を回り、気になった場所を後で訪問するといいかと思います。

グアダラハラではTapatio Tourというツアー会社が2階建てバスで市内観光バスを運行しています。グアダラハラ・トラケパケ・トナラ・サポパンの4ルートあります。時間が許せば1日で4ルート全部乗ることもできますし、同じルートに2度乗車することも可能です。(途中下車可能、後から来るバスに乗車可能です)  写真①(2階建てバス)

2階席は非常に見晴らしがよく、快適に見て回ることができます。

注意点 
 1.バスにトイレがないので乗車前に必ずトイレに行きましょう。
 2.日差しが強いので帽子が必要ですが、2階席は風が強いので、帽子が飛ばされない
   よう十分注意が必要です。
 3.屋根のないバスですので、木々が飛び込んできて顔に当たります。立ち上がること
   は禁止されています。
 4.雨が降らないように祈りましょう。雨季の乗車は避けた方がいいと思います。
 5.チケットを手首に紙を巻きます。無くすと乗車できません。

Tapatio Tour
http://tapatiotour.com.mx/
料金 大人120ペソ~140ペソ
子供 70ペソ~90ペソ(5~12歳) ※曜日、時期によって多少異なります
時間   10時から20時
集合場所 Guadalajara旧市街 Rotonda de los Hombres Ilustres南側
     ここで料金を支払いチケットを買います。
https://www.google.co.jp/maps/@20.6775014,-103.3471901,20z

写真②(集合場所)

来週もグアダラハラ情報をお届けする予定です。

写真1<GDL BLOG No.1>                今回はグアダラハラ市の隣に位置する民芸品の町として有名なトナラ市で毎週日曜日に開催される青空市場(Tianguis)についてご紹介します。
一般的に洋服や野菜・果物、DVDなど様々なものが売られているTianguisですが、
トナラのTianguisは民芸品に特化しています。
全長約3キロに渡って食器やガラス製品、布製品、家具、革製品の屋台が連なっています。
嬉しいことに、空港のお土産店などで売られているものが、ここでは半額以下の値段で買うことができます。 写真2<Blog No.1>     
Av. Tonaltecas沿いのマーケットの一角に少し開けた場所があり、
入っていくとガラス工房があります。そこでは、ガラス作りの様子をみることができ、
ここで作られたガラス製品は近くのお店で購入することができます。 写真3<GDL Blog No.1>
昼からは非常に混雑するので、午前中に行くことをおすすめします。
食べ物の屋台も多いので歩いてお腹がすいたら、チュロスなど買って食べ歩き、
疲れたらタコス屋で一休みすることもできます。
日本へのお土産選びの際には、ぜひこのTianguisをのぞいてみてください。
ただ、駐車場のおばちゃんに注意されるほどスリが多いので、
「高価なものを身につけない」「大金を見せない」など、注意して楽しんでください。 写真4<GDL BLOG No.1>
【Tianguis Artesanal de Tonalá】
営業時間 :午前8時~午後3時
場所    :Av. Tonaltecas周辺 (地図上の赤い場所)
駐車場   :Av. TonalaからCashYAとIMSS No.93の間の通りを入ってすぐの右の空き地  等                           Tianguis Tonala Map  Grutas de García
今回はモンテレイ近郊の日帰り観光スポットをひとつご紹介したいと思います。
<写真1> OLYMPUS DIGITAL CAMERA モンテレイから北西に約40kmに位置するガルシア鍾乳洞(Grutas de García)。
市内から車で行くと1時間弱といったところでしょうか。
週末の午前中にセントロのアラメダ公園から出ているツアーバス(Grupo Senda)を利用すれば、1人150ペソ程で行くことができます。
公園の入り口から洞窟までは、歩いて行くこともできますし、ロープウェイ(Teleférico)に乗ればすんなり辿り着けてしまいます。 日中は春・秋でも30度を超えたり、夏は40度を超すようなモンテレイ。
やはり洞窟内はひんやりとしているので、暑い日のお出かけにはぴったりかもしれませね!
(入場可能:火曜日〜日曜日09:00−17:00)
<写真2> OLYMPUS DIGITAL CAMERA 5〜6千万年にもわたって形成された自然の造形美はやはり圧巻です。何でもカラフルなメキシコだけあって、
ライトアップは色とりどりでしたが… ちなみに中は通路や階段が整備されているのでお子さんを連れてでも安心!
<写真3> OLYMPUS DIGITAL CAMERA モンテレイ近郊にはガルシア鍾乳洞以外にも、滝や渓谷などの自然があり、キャニオニングやトレッキングができるスポットなど、
エコツーリズムが楽しめる場所が色々あります。
ぜひ週末にご家族やお友達とメキシコの自然を満喫されてみてはどうでしょうか?
日本小道 セルバンティーノ国際芸術祭 2014
2014年10月8日~26日までメキシコ、グアナファトで開催されているセルバンティーノ国際芸術祭は今年で42回目。
このイベントは毎年グアナファトで恒例と<なっており、旅行者をはじめ、世界各地の人々を魅了しています。
芸術祭の期間中は演劇、音楽、映画、文学などが上演され、今年は日本が招待国として招待されており、日本の芸術も多数披露されています。
ちなみに2013年の招待国はウルグアイでした。
期間中の演劇や映画などの上演は日時、場所がプログラムされており、
インターネットのホームページに掲載されているので事前に見たい作品をチェックすることができます。
ショーによっては無料もしくはチケット購入の必要があるのでこちらも合わせてチェックすることをお勧めします。
ホームページリンク www.festivalcervantino.gob.mx
ちなみに会場であるグアナファトの街中にもプログラム看板が設置されています。
街の至る所にイベントブースが設置されている中、日本のイベントブース「日本の小道」を発見しました。
ここは日本のお祭りのような雰囲気で、たこ焼き、タイ焼き、金魚すくい、ヨーヨーすくいなど屋台が並んでいました。
またステージも設置されており日本の伝統的な歌や踊りが披露されていました。
イベントは朝から夜まで続き、夜には花火もあがり夜遅くまで歌やダンスが街全体を包んでいるようでした。
以前グアナファトについての記事を記載しましたが、ここはメキシコで最も美しい街といわれており、
街全体が世界遺産に登録されています。
コロニアル調の街中をゆっくり散策しながら芸術、音楽を楽しんでみてはいかがでしょうか。 ~9166829 street