1

メキシコ第三の都市モンテレイ。 近辺は高層マンションの建築ラッシュで、砂漠にサボテンのイメージからはほど遠く、意外と都会の雰囲気が漂っています。

そんなモンテレイ近郊にあるBIOPARQUE ESTRELLA MONTERREY。車で1時間ほど離れただけですが、大自然の中で様々なアトラクションを楽しむことができます。

2

目玉はやはり、サファリパーク。窓で覆われたバスに乗って周遊する日本とは違い、開放感あふれるバスに乗って、動物たちと触れ合うことができます。

そして、このサファリパークのクライマックスは、キリン。
こんなに間近でキリンを見ることができ、何と「ゴクン」と餌を飲み込む音まで聞こえます。

3

キリンも人に慣れているためか、バスの中に首を突っ込んで、こんなイタズラもします。

4

あまりにも動物との距離が近いので、子供たちの悲鳴にも似た声も聞こえてきますが…。
せっかくのメキシコ。こういった体験も思い出作りの一つにいかがでしょうか?
尚、平日は閉まっている事が多いようですので、行かれる際は、ホームページ等で営業時間をご確認下さい。

http://bioparquemonterrey.mx/index.html

キリン
メキシコシティにあるチャプルテペック公園内には、
動物園、チャプルテペック城、国立人類物博物館、近代美術館、
フェリアデチャプルテペック(遊園地)など沢山の施設が入っており、
大きさにして東京ディズニーランド約13個分の敷地面積を有しています。

今回はその公園内にあるチャプルテペック動物園について紹介したいと思います。
園内には250種1930匹の動物たちがアジアゾーン、アフリカゾーン、
バードゾーンなどエリアごとに分かれているため、
見たい動物がいるエリアから順に見て回ることができます。

動物園の入り口では、まず鞄を預けなければいけません。
小さな鞄だとそのまま持ち込めることもありますが、係員により鞄の中身をチェックされます。
また園内には飲食物の持ち込みが禁止されているので、
飲食は園内の飲食コーナー(ファーストフードが主)で済ませる、
もしくは動物園を出てからになります。
(記者は飲食持ち込み禁止ということを知らなかったので、
ピクニックがてら持って行ったサンドイッチを持ち込めず、やむなく鞄を預けることとなりました)
園内に入ると、入り口付近に園内のパンフレットが5ペソで販売されているので、
広い園内を見たい動物から見ていくのであれば、購入をお勧めします。
パンフレットは動物の絵がマップ上に書いてあるので、
一目でどこに何の動物がいるのかわかりやすくなっています。

動物園の中でもやっぱり人気なのは「パンダ」です。
ここの動物園には現在3頭のパンダがいて、いつもパンダの前には人だかりでいっぱいです。
パンダにまつわる話で日本の上野動物園から何度かチャプルテペック公園までパンダが送られてきたこともあるそうです。
Panda
こんなに広くてたくさん動物がいる動物園なのに、入場料が無料というのが驚きです。
*爬虫類館と蝶々館は別料金で入場料がかかります。

大都市で動物と触れ合える環境があるメキシコシティ、週末にお散歩がてら動物園に行ってみてはいかがでしょうか。
❇一言コメント❇
チャプルテペック公園近く、レフォルマ通り沿いにあるスターバックスは
口コミで世界で行ってみたいスターバックスの一つに選ばれていました。
緑に囲まれたところでコーヒーを飲んで涼んでみるのもいいかもしれません。
(スターバックスは湖側の出入口からレフォルマ通りに向かったところにあります)
Starbucks
【開園時間】
火曜日〜日曜日 9:00〜16:30 (毎週月曜日、12/25〜1/1 は閉園)

【入場料】
無料 ※爬虫類館は35ペソ、蝶々館は40ペソ別途入場料を払って入ることができます。

【アクセス】
メトロ Chapultepecから徒歩15分(1号線 ピンクのライン)
メトロ Auditorioから徒歩10分(7号線 オレンジのライン)

【住所】
Calle Chivatito s/n 1a sección del Bosque de Chapultepec Col.San Miguel
Chapultepec C.P.11850 Del. Miguel Hidalgo D.F.