IMG_2569

今回はサンルイスポトシの交通事情についてご紹介させて頂きます。

サンルイスポトシは、アメリカとメキシコシティを結ぶ57号線、マンサニージョとアルタミラを結ぶ70号線など幹線道路が交差する交通の要衝として認知されています。
 

 メキシコの道路というと、道に穴が開いていたり、トペ(速度減速用のマウンド)があったり、整備されているというイメージはないと思います。私も仕事・プライベートで多くの都市を訪問しましたが、どこも決して道路事情が良いとは言えません。特に日本からメキシコに来られた方にとっては「本当にここを運転するの?」という気持ちになること必至です。特に首都であるメキシコシティは複雑な道路の作り、慢性的な混雑など日本人が運転するにはハードルが高いといえます。道路事情に加えて、運転マナーの悪さもあいまって運転するだけでぐったりしてしまいます。

 ではサンルイスポトシも一緒?と思われる方もいらっしゃると思いますが、ここは非常に道路が整備されていて運転しやすい都市のひとつだと思います。市内を走る幹線道路は立体交差になっています。記者の自宅から、オフィスまで30kmほどありますが、オフィスにつくまで信号は一つもありません。自宅から空港も、オフィスから空港も信号はありません。さらに、サンルイスポトシから首都メキシコシティに車で向かう57号線は途中グアナファト州を走ります。「Bien Venido Guanajuato(ようこそグアナファトへ)」の看板が見えるとその先は穴だらけの道路に変わります。グアナファト州に入った途端、路面と睨めっこしながら走らなくてはなりません。この道を通るたびにサンルイスポトシの道路整備状況の良さを感じます。

 サンルイスポトシは道路が整備されており、メキシコ初心者の方でも安心して運転して頂けると思います。そんなサンルイスポトシではありますが、通勤時に必ずといってもいいほど目撃するのが交通事故です。ひとたび事故が起きると幹線道路は大渋滞です。折角信号がなくても結局止まることになってしまい、通常30分でつく道のりも1時間かかることもざらにあります。しかもそのほとんどが後ろからの追突で「ここで?」というところで発生しています。日本人の方はきちんと運転を習って免許を取得しているので加害者になることはないと思いますが、後ろから追突される可能性は十分あります。こちらで運転される際は前だけでなく後ろの車両にも注意して、安全運転を心がけてください。

DSC00967

 今回はメキシコの住環境について触れてみたいと思います。これからメキシコに住まれるという方!メキシコでの暮らしぶりは気になるところですよね。安全性、快適性、家賃など等、少しでもお役に立てれば幸いです!


■どうやって探す?
 やっぱり、インターネットから探すのが一般的です。日本人の仲介業者がいる所であれば楽ですね。気に入った物件を探してブローカーに連絡すると色々と紹介してくれます。ちなみに、5年前、当時まったくスペイン語が話せなかった私は、インターネットで片っ端から英語でメールを送り、丁寧に英語で返信してくれたブローカーを選びました。
 注意点は、まずブローカーは極力一社に絞ること。複数業者に依頼をすると、同じ物件を何度も見せられる羽目になる可能性があります。もう一つの注意点は、しつこく希望を伝えること。ブローカーは自社が仲介している物件を先に紹介してきます。もちろん条件が合えば問題ありませんが、明らかに的外れなものまで候補に入れてきたりもするので、実物を見る前に詳細を確認したいですね。


■マンション?戸建て?
 どちらもありますが、私の住むグアナファト州イラプアト市ではまだまだマンションの物件数は少ないです。どちらが良いかは、もちろん個人の趣味でしょうが、違いとしてはまずセキュリティ。規模の大きなマンションは警備もしっかりとしており、外部からの進入がしづらい構造になっています。高層階であれば尚更で、安心度はかなり高いと言えます。戸建てもさまざまありますが、セキュリティの面では24時間警備員のいるFraccionamiento(タウンハウス)のような場所がお勧めです。

DSC00321

 またメンテナンスにかかる手間も違います。管理がしっかりしているマンションでは、家のマイナートラブルも管理人が解決してくれたりと、非常に楽です。戸建ては基本的に家のオーナーに都度相談して修繕などを行います。また小さなことですが、都市ガスが発達していないメキシコでは、ボイラー用のガスを都度補充しなければなりません。マンションでガスタンクを共有している場合には、管理人が空になる前に補充してくれますが、戸建ての場合には自分で時期を見てガス屋さんを捕まえて補充しなければなりません。ガスタンクは屋上に設置されている場合も多く、ある日突然お湯がでない!ということもしばしば。
 と、マンション贔屓目に書いておりますが、戸建ての良さはやっぱり広さ。広いです!用途不明の空間まであったりします。是非いろいろな物件を見られる事をお勧めします。


■家具付き?家具なし?
 こちらも両方あります。当然家具付きの方が、相場が高くなりますが、楽ですね。家具なしで借りて、日本から持っていく、メキシコで揃えるのもアリです。面白いのはオーナーとの交渉です。家具なしの家を家具付きにする、家具を追加する、減らす、更には光熱費を含める、掃除人(お手伝いさん)を付けてもらう等など。オーナーによりけりですが色々な交渉が可能です。快適な住まいを確保するため、希望は何でも言ってみましょう!


■ここに注意!
 私の個人的な感想ですが、高級マンションであろうが、戸建てであろうが、水周りが弱点の家が多いです。中でも、物件チェックの際に是非確認したいのは水圧。入居してみたらシャワーがチョロチョロ…というのはよくある話です。トイレの流れも注意ですね。詰まったら大惨事です。あと、バスタブのある家を探すのは至難の業です。あってもボイラー容量が不足していたり(意味なし)。日本人には残念ですね。


DSC00983

■周辺環境
 どんな家に住むかと同時に大切なのが、どのエリアに住むか、です。メキシコの街もご多聞に漏れず、富裕層の住むエリアがハッキリと分かれています。もちろん治安面では富裕層エリアの方が安心だと思います。まずは町全体を自分の目で一周してみる事をお勧めします。グーグルのストリートビューも便利ですね。日本人が住むエリアというのは大体決まっていますので探すのは難しくありません。


■でもお高いんでしょう…?
 あれこれ条件を出していくと値段が、、となってしまいますね。家賃も当然ピンきりですが、相場として、間借り(学生さん等が利用)で1,500-2,500ペソ,ファミリー仕様の家具付き戸建てで10,000~15,000ペソ、最新の高級マンションや日本人の感覚で豪邸!となってくると20,000ペソ以上という印象です。(地域差があります)家賃設定はオーナーが適当に付けている事も多いので、掘り出し物件や、何でここがこんなに高いの?!という事もあります。


以上、家を選ぶ基準は様々ですが、やっぱり重要なのは焦らず、じっくり探すことだと思います。
きっといい物件にめぐり合えるはずです!

写真 Antea QRO


これからメキシコに来られる方にとって、メキシコでのファッションって気になりますよね。
「先進国のイメージではないし、最新のブランドはないのでは、、、」
なんて思ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そんなことありません!メキシコではみんながおしゃれです!
日本人お馴染みのブランドはもちろん、日本にはまだ進出していない人気ブランドだってたくさんあります!!

そこで、今回はメキシコでメジャーな人気ブランドをいくつかご紹介したいと思います。
まずは、男性女性問わず、日本でも人気なブランド!

– American Eagle
– Bershka
– Brooks Brothers
– Banana Republic
– Forever21
– GAP
– H&M
– LACOSTE
– LUSH
– NINEWEST
– POLO
– Ralph Lauren
– TOMMY HILFIGER
– United Colors Of Benetton
– ZARA
– ZARA HOME

これらのお店は主要な都市のショッピングモールには大体入ってます。(残念ながらいずれも私が住んでいるIrapuatoにはまだございませんが、車で1時間程走ればQueretaro, Leonがあるので不便ではございません。)
ZARA HOMEやLUSHは洋服ではないけれど、かわいくておしゃれな雑貨、石鹸がそろっていますよね。

Banana RepublicやGAPはアメリカ発祥でお隣の国ですが、日本で買うよりも高いですし、
全体的に見てもメキシコで洋服を買うのは割高ではあると思います。
まとまった休日が取れる方だと、ショッピング目的にアメリカへ旅行に行かれる方も珍しくありません。

次に日本にはまだ進出していないブランド。
– PULL&BEAR
ZARAの姉妹ブランドで、女性だけでなく、男性用の服もたくさんあります。カジュアルな感じです。

– OYSHO
こちらもZARA姉妹ブランドで女性向け。かわいいけれど派手ではないホームウェアやアンダーウェア、水着が人気です。

– Victoria’s Secret
アンダーウェアだけでなく、ボディクリームや香水の種類が豊富で、お気に入りの香りを探すのも楽しめます。

上記で述べたお店以外にもたくさんあり、メキシコでは思った以上にショッピングが楽しめます。(詳しくは各ショッピングモールのホームページにてご確認ください。)

Queretaro
Antea Life Style Center
http://antea.mx/

Aguascalientes
Centro Comercial Altaria
http://www.altaria.mx/

Guadalajara
Andares
https://www.andares.com/

Leon
Plaza Mayor
http://www.plazamayor.com.mx/

Leon
Centro Comercial Altacia
http://www.centrocomercialaltacia.mx/

Mexico City
Antara Polanco、他
http://www.antara.com.mx/landing

但し、日本と違って気をつけなければならないのはやはり治安面。
高級品を扱うお店も多い一方、そのようなものばかりを身につけて、無防備に街中を歩くのはよろしくありません。
限度を守っておしゃれを楽しんでいただければと思います。

image2

女性の方は特に、メキシコでどのような化粧品が手に入るのか気になると思います。
実際私も来るときに気になったことなので、今回は私の住むアグアスカリエンテスを中心に、紹介したいと思います。

クレンジング…オイル系、ミルク系がありますがいずれも拭き取りタイプです。ジェル状のクレンジングはなじませたあと、泡状になりそのまま洗顔が出来ます。日本のなじませた後水で洗い流すタイプのクレンジングは見かけません。

化粧水…こちらはあまり売っていません。メキシコでは洗顔後、クリームをつけてケアをするのが主流です。化粧水はキールズなどのアメリカ系のブラントで売っています。

美容液などのスペシャルケア…高級メーカーで買えます。ただし、メキシコでは売っていないものもあるので、選べる種類は限られています。

image1

ちなみに、アグアスカリエンテスではどういうメーカーの化粧品が手に入るのか、といいますと・・・
クリニーク /クラランス/ランコム/ ロクシタン/ THE BODY SHOP/アベンヌ  
MAC / Dior/ CHANEL / MAYBELINE N.Y./ LEVRON
が日本人でも使用できる化粧品になると思います。(全てショッピングモールで買えます。)

アグアスカリエンテスは乾燥するので、保湿に重点を置いたものを選ぶとよいです。 
少し足を延ばしてメキシコシティ、グアダラハラに行けば、キールズ(日本でも売っている同じ商品が買える)、大型のモールで資生堂や各種米国系メーカーの揃うセレクトショップもあります。
以上、メキシコのスキンケア事情でした。

*ALTARIA http://www.altaria.mx/
Boulevard a Zacatecas Norte 849, Trojes de Alonso, 20116 Aguascalientes, AGS

P1020010
今回はメキシコのスーパーについて紹介したいと思います。

メキシコシティにある代表的なスーパーは、
Wal Mart(ウォルマート)、Bodega Aurrera(ボデガ アウレラ)、Superama(スペラマ)、
Soriana(ソリアナ)、Comercial Mexicana(コメルシアル メヒカーナ)、
Chedraui(チェドラウイ)があります。
それぞれスーパーがありますが、品揃えには極端な差はあまりないように思います。 walmart
日本のスーパーとの違いは、スーパーに入る前必ずかばんを預けなければならないことです。
リュックサックやかばんを持ったままスーパーに入ると警備員に止められ、
かばんを預けるように注意されます。
(小さな鞄だとそのまま持ち込みOKの場合もあります。)

基本的にはスーパー入り口付近にpaquetería (パケテリア:荷物預け所)が設置されており、
かばんを預け、代わりに番号札を受け取ります。
おそらくスーパー内での万引き防止のため、実施しているのだと思います。
番号札をなくしてしまうと罰金となるので注意が必要です。

もう一点の違いは、レジ横で買った商品を袋詰めしてくれる人に
propina(プロピーナ:チップ)を払わなくてはならないことです。
平均的に2ペソ程度、プロピーナを渡していますが大量買いした時は4、5ペソ程度渡しています。

スーパーには食料品から日用品まで幅広い品揃えしてあり、
最近ではオリエンタル食品(主に日本食)まで並んでいるところをしばしば見かけます。
よく見かける日本食は、ふりかけ、お米、調味料(しょうゆ、ごま油など)、インスタント味噌汁など、
品数は限られていますがスーパーで購入可能、
お米は1kgサイズで売っているので一人暮らしには丁度いいサイズです。 WP_000496
またお手頃なお土産を買うにもスーパーは大いに活用できます。
メキシコのお土産の定番といえばテキーラですがスーパーでは免税店より安く購入できますし、
100〜500ペソ以上の高いものまで種類も豊富、日本にはあまり出回っていないテキーラも手に入れることができます。

またお酒を買うには、個人的に検証した結果、
スーパーよりもBODEGAS ALIANZAというお酒を専門に取り扱っているお店で購入した方が全体的に10〜20ペソ安く買えたので、
時間がある場合はこのお店を覗いてみるのもいいかもしれません。

メキシコならでは、少し変わったお土産としてお菓子をプレゼントするのにもスーパーでだいたい揃えることができます。
メキシコでは何にでもチレをかけるぐらい辛いものが好きなので、スナック菓子から飴、
フルーツまでチレパウダーをまぶしたものがたくさんあります。
マンゴー味の飴もチレ味、ポテトチップスもチレ味、
ピーナッツもチレ味といったように好き嫌いはありますが、話のネタの一つとしてお土産にどうでしょうか。

以上メキシコのスーパーにまつわるお話でした。 独立記念塔
■地域:Mexico City
■在留邦人数:約3,086人
■日系企業数:約172社
■学校
・全日制日本人学校:社団法人日本メキシコ学院日本コース(リセオ)
・英国系インター校:GREENGATES SCHOOL The British International School in Mexico
・米国系インター校:The American School Foundation
■日本食材店:複数店あり。MIKASA, TIENDA YAMAMOTO、他
■レストラン
・日本食レストラン:複数店あり。SUNTORY, MURAKAMI, NAGAOKA, DAIKOKU, TOKYO, DEIGO, RAMENYA, MOGU、他
・韓国料理レストラン:複数店あり。NADEHO, MIN SOK CHON、他
■スーパー
・高級スーパー:CITY MARKET, SUPERAMA、他
高級食材、野菜、肉、惣菜、飲料水、冷凍食品、パン、チーズ、シリアル、アルコール、サニタリー用品、他
・大型スーパー:MEGA, Walmart、他
・会員制スーパー:COSTCO, Sam’s Club
■デパート:Liverpool, Sears、他
■家電量販店:Best Buy、他
■日本書店:なし 調達方法 Amazon.co.jp、電子書籍 Amazon.co.jp, itunes、他
■観光スポット:テオティワカン遺跡(ピラミッド)、国立人類学博物館、ソカロ(中央広場)、フリーダ・カーロ博物館、独立記念塔、他
■映画館:CINEMEX, CINEPOLIS, CINETECA NACIONAL(アートシアター系)
■その他娯楽:ボウリング、ゴルフ、遊園地、動物園、ルチャリブレ、闘牛、フラメンコ、サッカー、水族館、テニス、コンサート、 Pozole タコス