IMG_3890

日本人の間でメキシコのお土産として有名になってきているのが、「セルビン焼き」という陶器です。
ケレタロ州にある、JAVIER SERVINというメキシコ人の陶芸家が作っているもので、
彼の工房にはさまざまな種類の可愛いデザインの陶器が販売されています。
日本人向けなのか最近では急須セットやとっくり、おちょこセットなども売っていて、
私自身も日本に持って帰るお土産の一つとして購入しました。

IMG_3887

また陶器が販売されているスペースの奥には中庭があり、そこにはセルビン焼きの模様をした大きなゾウやキリンの像、
またその奥には実際に作業をしている焼き場、絵付けを行う作業場、セルビン焼きの展示室、
ロッジのような宿泊施設などがあって、中をぐるっと見学することができます。

ちなみに工房内ではセルビン氏がいれば会うこともできます。
ここのロッジには実際に宿泊可能で、絵付け体験などを申し込んだ人たちが泊まれるようになっています。
絵付け体験は事前に申し込みが必要で、自分でデザインする、もしくは準備されている模様にそって絵付けをすることができます。

IMG_3880
調べると、セルビン焼きは割と最近できたことがわかったのですが、1981年にハビエル・セルビン氏が始めた焼き物で、彼の名前をとって「セルビン焼き」と呼ばれるようになったそうです。

全て手作りで作られているため、デザインは一点物。
私も工房に行くたびに工房内を何度も行ったり来たり、お気に入りの色、デザインを探し回って購入しています。
この工房以外にもグアナファト市内、メキシコシティ内にもセルビン焼きを販売しているお店がありますが、やはり品揃えが一番多いのはこの工房なのでメキシコ滞在中に一度は行ってみる価値ありだと思います。



・セルビン工房 Javier Servin Ceramica
【住所】Ferrocarril #800 La Purisima Tarandacuao Guanajuato
【WEB URL】http://www.ceramicaservin.com/

・メキシコシティ セルビン焼き取扱店 Bazar de sabado
【住所】San Jacinto11 San Angel Alvaro Obregon
【WEB URL】http://www.elbazaarsabado.com/