貨物保険

貨物保険

海外引越は多くの人の手を経て輸送されますので、事故が起きないとも限りません。しかも輸送業者による損害の補償は、運送約款によって限定されていますので十分な金額で貨物保険をかけることをおすすめします。

ハートライナー保険とは

日本興亜損害保険(株)の代理店でもある私ども日通が、海外引越専用に作った外航貨物海上保険です。簡単に申込みができ、万一の場合の事故処理は日通がお手伝いしますのでスピーディーです。

ハートライナー保険以外の場合には、おかけになる保険会社またはお勤め先の保険担当者にご相談して下さい。

お申込み時の注意点

梱包明細書には再調達できる金額を目安にご記入頂くことをおすすめします。
梱包明細書にご記入いただいた申告価額が、保険金お支払いの際の支払い限度額となります。

お支払いの例

修理できるもの
家具や電気製品の破損など 申告価格内で修理費をお支払いするか、申告価格内で修理をいたします。
修理できないもの
食器等の破損など(6客で1組のコーヒーセットの内、2客破損してしまった) 申告価格の6分の2(2客分)をお支払いします。
アルバムが無くなってしまった 申告価格内で、査定額をお支払いします。
コートに穴があいてしまった 申告価格内で、査定額をお支払いします。

次のような場合は、保険金お支払いの対象とはなりません。

  • 梱包明細書に記載のない品物の損害。
  • もともとこわれていたもの。
  • カビやサビなど、品物自体が持つ性質の変化などによって生じた損害。
  • ワープロやパソコン、電気製品などで、原因が不明な故障によって生じた損害。
  • ワープロやパソコンのプログラムやデータなどのソフトの損害や費用。
  • 配達が予定より遅れたために生じた損害・費用。
  • 自動車の傷・塗装のはがれ。
  • その他、保険約款で免責と定められた損害。

破損などがあった場合の連絡

お荷物の配達が済みましたら、全てのお荷物を開けて、異常がないかどうか確かめて下さい。

万一お荷物に損害があった場合には、営業担当者に速やかにご連絡願います。

アドバイス保険金のお支払いを必要とする場合は保険のルール(保険約款)に基づき手続が進みます。大切なお荷物を守る為の保険ですので、十分内容をご理解の上申込みをされる事が大切です。

トップへ

お問合わせはこちら