日本への引越

日本へのお引越について

注意するポイント

1. 生活の場をスムーズに移すための引越計画が重要です。
日本での生活をスムーズに始めるには、お客様のご帰国予定日やご新居への入居予定日をもとにして船便や航空便での輸送、日本に残しておいたお荷物の配達など早めにスケジュールを立てることが大切です。

詳細はこちら

2. お荷物とその量を確認する必要があります。
お荷物の輸送にあたっては、ご予算に収まるかどうか、お勤め先の規定に収まるかどうか、前もって確認しておくことが大切です。

詳細はこちら

3. 税金がかかったり、輸入が禁止されている品物などがあります。
引越荷物といえども、お土産品やご帰国間際に購入されたものなどは課税の対象となります。また、免税で購入されたものでも、日本では免税対象とはなりませんので注意して下さい。さらに、当地で所持・使用していたものでも、日本では法律で輸入することが禁止されているものもありますので注意が必要です。

詳細はこちら

4. お荷物の安全を考慮した最適な梱包が必要となります。
お荷物は、船や飛行機、トラック、鉄道などで長い距離を輸送されます。輸送中は振動や衝撃、気候や風土による温湿度の大きな変化、時には、盗難の危険にさらされることもあります。そのために、お荷物の安全を考慮した、最適な梱包が必要となります。

詳細はこちら

5. お荷物に保険をかけることが重要です。
海外引越は、多くの人の手を経て輸送されますので、事故が起きないとも限りません。しかも、輸送業者による損害の補償は、運送約款によって限定されていますので、貨物保険をかけることが大切です。

詳細はこちら

6. 携帯品・別送品申告書は輸入通関のための大切な書類です。
日本に到着したお荷物を輸入するには、必要な書類を揃えて、税関の検査を受けなければなりません。なかでも、「携帯品・別送品申告書」は、なくてはならない書類ですので忘れずに作成して下さい。

詳細はこちら

トップへ

お問合せはこちら