« 一覧へ

メキシコにあるファッションブランド / メキシコ

[ 2016-02-19 ]
写真 Antea QRO


これからメキシコに来られる方にとって、メキシコでのファッションって気になりますよね。
「先進国のイメージではないし、最新のブランドはないのでは、、、」
なんて思ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そんなことありません!メキシコではみんながおしゃれです!
日本人お馴染みのブランドはもちろん、日本にはまだ進出していない人気ブランドだってたくさんあります!!

そこで、今回はメキシコでメジャーな人気ブランドをいくつかご紹介したいと思います。
まずは、男性女性問わず、日本でも人気なブランド!

– American Eagle
– Bershka
– Brooks Brothers
– Banana Republic
– Forever21
– GAP
– H&M
– LACOSTE
– LUSH
– NINEWEST
– POLO
– Ralph Lauren
– TOMMY HILFIGER
– United Colors Of Benetton
– ZARA
– ZARA HOME

これらのお店は主要な都市のショッピングモールには大体入ってます。(残念ながらいずれも私が住んでいるIrapuatoにはまだございませんが、車で1時間程走ればQueretaro, Leonがあるので不便ではございません。)
ZARA HOMEやLUSHは洋服ではないけれど、かわいくておしゃれな雑貨、石鹸がそろっていますよね。

Banana RepublicやGAPはアメリカ発祥でお隣の国ですが、日本で買うよりも高いですし、
全体的に見てもメキシコで洋服を買うのは割高ではあると思います。
まとまった休日が取れる方だと、ショッピング目的にアメリカへ旅行に行かれる方も珍しくありません。

次に日本にはまだ進出していないブランド。
– PULL&BEAR
ZARAの姉妹ブランドで、女性だけでなく、男性用の服もたくさんあります。カジュアルな感じです。

– OYSHO
こちらもZARA姉妹ブランドで女性向け。かわいいけれど派手ではないホームウェアやアンダーウェア、水着が人気です。

– Victoria’s Secret
アンダーウェアだけでなく、ボディクリームや香水の種類が豊富で、お気に入りの香りを探すのも楽しめます。

上記で述べたお店以外にもたくさんあり、メキシコでは思った以上にショッピングが楽しめます。(詳しくは各ショッピングモールのホームページにてご確認ください。)

Queretaro
Antea Life Style Center
http://antea.mx/

Aguascalientes
Centro Comercial Altaria
http://www.altaria.mx/

Guadalajara
Andares
https://www.andares.com/

Leon
Plaza Mayor
http://www.plazamayor.com.mx/

Leon
Centro Comercial Altacia
http://www.centrocomercialaltacia.mx/

Mexico City
Antara Polanco、他
http://www.antara.com.mx/landing

但し、日本と違って気をつけなければならないのはやはり治安面。
高級品を扱うお店も多い一方、そのようなものばかりを身につけて、無防備に街中を歩くのはよろしくありません。
限度を守っておしゃれを楽しんでいただければと思います。

メキシコで手に入る化粧品/アグアスカリエンテス

[ 2016-02-08 ]
image2

女性の方は特に、メキシコでどのような化粧品が手に入るのか気になると思います。
実際私も来るときに気になったことなので、今回は私の住むアグアスカリエンテスを中心に、紹介したいと思います。

クレンジング…オイル系、ミルク系がありますがいずれも拭き取りタイプです。ジェル状のクレンジングはなじませたあと、泡状になりそのまま洗顔が出来ます。日本のなじませた後水で洗い流すタイプのクレンジングは見かけません。

化粧水…こちらはあまり売っていません。メキシコでは洗顔後、クリームをつけてケアをするのが主流です。化粧水はキールズなどのアメリカ系のブラントで売っています。

美容液などのスペシャルケア…高級メーカーで買えます。ただし、メキシコでは売っていないものもあるので、選べる種類は限られています。

image1

ちなみに、アグアスカリエンテスではどういうメーカーの化粧品が手に入るのか、といいますと・・・
クリニーク /クラランス/ランコム/ ロクシタン/ THE BODY SHOP/アベンヌ  
MAC / Dior/ CHANEL / MAYBELINE N.Y./ LEVRON
が日本人でも使用できる化粧品になると思います。(全てショッピングモールで買えます。)

アグアスカリエンテスは乾燥するので、保湿に重点を置いたものを選ぶとよいです。 
少し足を延ばしてメキシコシティ、グアダラハラに行けば、キールズ(日本でも売っている同じ商品が買える)、大型のモールで資生堂や各種米国系メーカーの揃うセレクトショップもあります。
以上、メキシコのスキンケア事情でした。

*ALTARIA http://www.altaria.mx/
Boulevard a Zacatecas Norte 849, Trojes de Alonso, 20116 Aguascalientes, AGS

ケレタロのワイナリー

[ 2015-12-18 ]
写真②

メキシコのお酒!といえば、テキーラやコロナビールを思い浮かべる方が多いかと思いますが、いえいえ、ワインも美味しいんです。ここケレタロ州には、ケレタロ市街から車で1時間弱で行ける有名なワイナリーが3つもあります。今回はその中から2つのワイナリーを紹介します。

1. Freixenet (Finca Sala Vivé)
スペイン・カタルーニャ州に拠点を置くCava生産者のFreixenetグループが1970年代に開いたワイナリー。土日にはワイナリーツアーが開催されています。ツアーの解説はスペイン語ですが、どのようにワインが作られ、どのようにワインが保存されているのか、見ているだけでも楽しめるツアーです。ツアーの最後にはグラスワインのプレゼントもあります。
また、ワイン販売所もあり、他の場所で買うよりも安くワインを買うことができます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2. La Redonda
1972年にあるイタリア人によって開かれたワイナリー。このワイナリーでもツアーが開催されていますが、ここではイベントがたくさん開催されています。5月には‘Wine Colours Music Fest’、7月にはブドウの収穫を祝う‘Vendimia’、9月には‘Jazz Festival’などなど、どのイベントもバンドの生演奏を聴きながら、美味しいワインを飲むことができるとても楽しいイベントとなっています。
写真③

今回紹介したワイナリー同士は近い場所にあるので、
ワイナリーをはしごして、ワインの飲み比べなんていかがでしょうか。

【Fleixenet】
住所: Carretera San Juan del Río – Cadereya Km. 40.5, Ezequiel Montes, Querétaro
ツアー:80ペソ・45分間 (11:00、12:00、13:00、15:00、16:00~)
Web:www.freixenetmexico.com.mx/

【La Redonda】
住所: Km 33.5, San Juan del Río a Ezequiel Montes, Querétaro
ツアー:75ペソ (11時~17時まで1時間ごとに開催)
Web:www.laredonda.com.mx

メキシコシティ 日本食材店

[ 2015-12-04 ]

外国にやって来ると、現地で日本食材があるか気になりますよね。
特に主婦の方は料理の際に日本食材が多くあると心強いのではないでしょうか。
メキシコには複数の日本食材店がありますが、今回はその中の一つ”MIKASA”をご紹介します。

MIKASA とは日本食品を取り扱うMIKASA Groupの系列店で、
メキシコシティのRoma地区にある1981年創業の日本食材店です。

同店は品揃えが豊富で、梅干しや納豆、漬物などメキシコでは手に入りにくい食材も見つけることができます。また、食材だけでなく、お茶、酒類、日用品などが販売されおり、毎日多くのお客さんで賑わっています。ちなみにレストランも併設されており、うどんやラーメン、焼き鳥など様々な日本食を楽しむことができます。
写真1(店全体)

調味料の品揃えは特に多く、醤油やソースを始めポン酢や焼き肉のたれ、みりん、浅漬けの素まで置かれています。これだけ多いと料理のバリエーションも増えますね。
写真2(調味料)

料理の一品にお惣菜はいかがでしょうか。天丼や幕の内弁当、コロッケや春巻き、串揚などが販売されています。また、お店にあるテラス席で購入したお惣菜を食べることもできます。
写真3(お惣菜)

日本食材をお探しの際には一度、MIKASAへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

尚、駐車場ご利用の際には店舗地下とすぐ横に2つあります。レジで駐車場のチケットにスタンプを押してもらうと1時間無料になります。

以上、日本食材店の紹介でした。
住所 San Luis Potosí #173, Col. Roma, DF
電話番号 5584-3430
営業時間 10:00 – 19:00(月-土)/10:00 – 16:00(日)
駐車場  店舗地下と横(18pesos/hr)
Homepage mikasamex.web.fc2.com

セルビン焼き

[ 2015-11-20 ]

IMG_3890

日本人の間でメキシコのお土産として有名になってきているのが、「セルビン焼き」という陶器です。
ケレタロ州にある、JAVIER SERVINというメキシコ人の陶芸家が作っているもので、
彼の工房にはさまざまな種類の可愛いデザインの陶器が販売されています。
日本人向けなのか最近では急須セットやとっくり、おちょこセットなども売っていて、
私自身も日本に持って帰るお土産の一つとして購入しました。

IMG_3887

また陶器が販売されているスペースの奥には中庭があり、そこにはセルビン焼きの模様をした大きなゾウやキリンの像、
またその奥には実際に作業をしている焼き場、絵付けを行う作業場、セルビン焼きの展示室、
ロッジのような宿泊施設などがあって、中をぐるっと見学することができます。

ちなみに工房内ではセルビン氏がいれば会うこともできます。
ここのロッジには実際に宿泊可能で、絵付け体験などを申し込んだ人たちが泊まれるようになっています。
絵付け体験は事前に申し込みが必要で、自分でデザインする、もしくは準備されている模様にそって絵付けをすることができます。

IMG_3880
調べると、セルビン焼きは割と最近できたことがわかったのですが、1981年にハビエル・セルビン氏が始めた焼き物で、彼の名前をとって「セルビン焼き」と呼ばれるようになったそうです。

全て手作りで作られているため、デザインは一点物。
私も工房に行くたびに工房内を何度も行ったり来たり、お気に入りの色、デザインを探し回って購入しています。
この工房以外にもグアナファト市内、メキシコシティ内にもセルビン焼きを販売しているお店がありますが、やはり品揃えが一番多いのはこの工房なのでメキシコ滞在中に一度は行ってみる価値ありだと思います。



・セルビン工房 Javier Servin Ceramica
【住所】Ferrocarril #800 La Purisima Tarandacuao Guanajuato
【WEB URL】http://www.ceramicaservin.com/

・メキシコシティ セルビン焼き取扱店 Bazar de sabado
【住所】San Jacinto11 San Angel Alvaro Obregon
【WEB URL】http://www.elbazaarsabado.com/

メキシコのスーパーマーケット

[ 2015-11-11 ]
P1020010
今回はメキシコのスーパーについて紹介したいと思います。

メキシコシティにある代表的なスーパーは、
Wal Mart(ウォルマート)、Bodega Aurrera(ボデガ アウレラ)、Superama(スペラマ)、
Soriana(ソリアナ)、Comercial Mexicana(コメルシアル メヒカーナ)、
Chedraui(チェドラウイ)があります。
それぞれスーパーがありますが、品揃えには極端な差はあまりないように思います。 walmart
日本のスーパーとの違いは、スーパーに入る前必ずかばんを預けなければならないことです。
リュックサックやかばんを持ったままスーパーに入ると警備員に止められ、
かばんを預けるように注意されます。
(小さな鞄だとそのまま持ち込みOKの場合もあります。)

基本的にはスーパー入り口付近にpaquetería (パケテリア:荷物預け所)が設置されており、
かばんを預け、代わりに番号札を受け取ります。
おそらくスーパー内での万引き防止のため、実施しているのだと思います。
番号札をなくしてしまうと罰金となるので注意が必要です。

もう一点の違いは、レジ横で買った商品を袋詰めしてくれる人に
propina(プロピーナ:チップ)を払わなくてはならないことです。
平均的に2ペソ程度、プロピーナを渡していますが大量買いした時は4、5ペソ程度渡しています。

スーパーには食料品から日用品まで幅広い品揃えしてあり、
最近ではオリエンタル食品(主に日本食)まで並んでいるところをしばしば見かけます。
よく見かける日本食は、ふりかけ、お米、調味料(しょうゆ、ごま油など)、インスタント味噌汁など、
品数は限られていますがスーパーで購入可能、
お米は1kgサイズで売っているので一人暮らしには丁度いいサイズです。 WP_000496
またお手頃なお土産を買うにもスーパーは大いに活用できます。
メキシコのお土産の定番といえばテキーラですがスーパーでは免税店より安く購入できますし、
100〜500ペソ以上の高いものまで種類も豊富、日本にはあまり出回っていないテキーラも手に入れることができます。

またお酒を買うには、個人的に検証した結果、
スーパーよりもBODEGAS ALIANZAというお酒を専門に取り扱っているお店で購入した方が全体的に10〜20ペソ安く買えたので、
時間がある場合はこのお店を覗いてみるのもいいかもしれません。

メキシコならでは、少し変わったお土産としてお菓子をプレゼントするのにもスーパーでだいたい揃えることができます。
メキシコでは何にでもチレをかけるぐらい辛いものが好きなので、スナック菓子から飴、
フルーツまでチレパウダーをまぶしたものがたくさんあります。
マンゴー味の飴もチレ味、ポテトチップスもチレ味、
ピーナッツもチレ味といったように好き嫌いはありますが、話のネタの一つとしてお土産にどうでしょうか。

以上メキシコのスーパーにまつわるお話でした。

Mexico City / 楽器街

[ 2015-05-26 ]
Hohner メキシコはマリアッチをはじめ、様々な音楽が溢れています。
特に、ギターや打楽器の種類も多く、音楽好きや楽器好きにとっては興味深い国です。
マリアッチの抱えるギターは大小様々。ベース音を奏でるギタロン等はメキシコならではの楽器です。
では、そうした楽器はどこで売られているのでしょうか?
街を散策しても、あまり楽器店は見当たりません。
実は、メキシコシテイでは、セントロに楽器街があり、一本のストリートに楽器店が集中しているのです。
ストリートの名は、Bolivar通り。
北はCalle Venustiano Carranza通り辺りから、南はCalle de Mesones通り辺りまでのエリアのBolivar通り沿いに、
文字通り大小様々な楽器店が連なっています。
楽器の種類も多く、弦楽器、打楽器、管楽器、電子楽器まで幅広く売られています。
値段も様々で、楽器に詳しい目利きの方なら、きっと掘り出し物の楽器も見つけられるでしょう。
写真のカラフルなアコーディオン、弾けなくても買いたくなりますね。(笑)
楽器好き、音楽好きの方は是非訪ねてみてください。
*日曜日は休業の店が多い為、週末訪ねるなら土曜日をお薦めします。
*特に週末は人通りも多く賑わいますので、スリにはご注意ください。
*セントロへお出かけの際は、治安上テピート地区には絶対に迷いこまないようご注意ください。 打楽器 efector Bolvar

Irapuato 日本のお弁当屋さん Mamasan Sushi

[ 2015-02-02 ]
Menu 今回はグアナファト州イラプアト市にある人気のお弁当屋さんをご紹介します。
イラプアト市は比較的小さい町ですので、なかなか本格的な日本食レストランや日本食材店を見つけることが難しそうに見えますが、
家庭的な日本の味が楽しめるお弁当屋さんが今、イラプアト中の日本人から注目を集めています。
その名も「Mamasan Sushi」!
メニューも豊富で手作りのおいしい日本料理をお弁当式で気軽に食べることができます!
また前もって電話で注文をしておけば、指定した時間に用意しておいてもらえるので、
普段忙しくてなかなか時間が取れない方や、一人暮らしの方にはとっても助かります。
緑茶やウーロン茶、カルピスなど、飲み物も品揃えが充実しているので、思わずお弁当と一緒に買ってしまいますね。
ただし、とても人気なので売り切れてしまわないよう、早い時間に買いに行くことをお勧めします。
※メニュー※
• 牛丼         85.00ペソ
• 豚の生姜焼き     80.00ペソ
• かつ丼        80.00ペソ
• 親子丼        85.00ペソ
• 巻き寿司弁当     80.00ペソ
• しゃけ弁当      80.00ペソ
• 日替わり弁当     100.00ペソ
• おにぎり2個     35.00ペソ
• このしろの生姜焼き  70.00ペソ
• 鶏のから揚げ     80.00ペソ
• カツカレー      80.00ペソ etc… お店

サン ミゲル デ アジェンデ San Miguel de Allende

[ 2015-01-08 ]
SMA Quiet street 今回はメキシコシティの街から車で北へ265kmほどの場所にある観光地、サン ミゲル デ アジェンデという街をご紹介します。
この街の見どころはなんといってもその落ち着いた雰囲気の街並みとヨーロッパ風の可愛い建物です。
町自体はとても小さいのですが、どの道を歩いていても絵にかいたようなかわいらしい家々が並んでいて、
思わず入りたくなるような小物屋やカフェがたくさんあります。 SMA cloud of people
観光地としても知られていますが、メキシコでも有名な美術大学があることから、アートの街としてもとても人気があるようですね。 SMA church
一説にはポポカテペトル火山と並んで、UFO出没のメッカでもあるそうです。(真相は不明)
町の中心部には広場があり、休日になるとたくさんの観光客やゆっくりとした時間を過ごす人々で溢れています。
記者が訪れたときはたまたま結婚式を見ることができました。
観光地なだけにホテルも充実していて、値段もお手頃なものから高級ホテルまで幅広くあります。
見どころはまだまだ他にもたくさんありますが1日だけでも十分楽しめるので、
毎日忙しく過ごされている方も、ゆったりとした休日を過ごしに一度訪れてみてはいかがでしょうか。

ドローレス・イダルゴ —Dolores Hidalgo—

[ 2015-01-05 ]
今回は、グアナファトやレオンからすぐに行けるちょっとした観光地を紹介します。
グアナファト州の北中部に位置するドローレス・イダルゴは、人口13万人程のさほど大きな町ではないのですが、
メキシコの歴史上とても重要な町です。
1810年9月16日、この小さな町から独立運動が始まりました。
この町の神父であったミゲル・イダルゴがこの日に行った演説がきっかけとなり、
独立戦争へと発展しました。
イダルゴが独立宣言をした教会の前の広場には、彼の銅像が今もそびえ立っています。 写真1
ドローレス・イダルゴはプエブラと並んでタラベラ焼きでも有名です。
建物にもこのタラベラ焼きが使われており、町のいたるところで目にすることができます。
色遣いがとてもカラフルで、見ているだけで私たちを楽しませてくれます。
あちこちにあるお土産屋さんでは、贈り物にぴったりの食器やかわいい置物が買えちゃいます。 写真2
また、この町を訪れたらぜひ試してほしいのが、ちょっと変わったフレーバーのアイスとシャーベットです。
メキシコでは街角でアイスが売られているのをよく見かけますが、
ここではバニラやチョコレートといったおなじみの味からビール、ウォッカ、テキーラ、アボカド、
タコとエビ、チチャロン味(豚の皮を油で揚げたスナック菓子のような食べ物)というような、
風変わりな味のアイスやシャーベットを食べることができます。
普通の味に飽きたら試してみてはいかがでしょうか。
テキーラ味のシャーベットはおいしくてお勧めです。 写真3