« 一覧へ

サンルイスポトシの交通事情/サンルイスポトシ・メキシコ

[ 2016-03-11 ]
IMG_2569

今回はサンルイスポトシの交通事情についてご紹介させて頂きます。

サンルイスポトシは、アメリカとメキシコシティを結ぶ57号線、マンサニージョとアルタミラを結ぶ70号線など幹線道路が交差する交通の要衝として認知されています。
 

 メキシコの道路というと、道に穴が開いていたり、トペ(速度減速用のマウンド)があったり、整備されているというイメージはないと思います。私も仕事・プライベートで多くの都市を訪問しましたが、どこも決して道路事情が良いとは言えません。特に日本からメキシコに来られた方にとっては「本当にここを運転するの?」という気持ちになること必至です。特に首都であるメキシコシティは複雑な道路の作り、慢性的な混雑など日本人が運転するにはハードルが高いといえます。道路事情に加えて、運転マナーの悪さもあいまって運転するだけでぐったりしてしまいます。

 ではサンルイスポトシも一緒?と思われる方もいらっしゃると思いますが、ここは非常に道路が整備されていて運転しやすい都市のひとつだと思います。市内を走る幹線道路は立体交差になっています。記者の自宅から、オフィスまで30kmほどありますが、オフィスにつくまで信号は一つもありません。自宅から空港も、オフィスから空港も信号はありません。さらに、サンルイスポトシから首都メキシコシティに車で向かう57号線は途中グアナファト州を走ります。「Bien Venido Guanajuato(ようこそグアナファトへ)」の看板が見えるとその先は穴だらけの道路に変わります。グアナファト州に入った途端、路面と睨めっこしながら走らなくてはなりません。この道を通るたびにサンルイスポトシの道路整備状況の良さを感じます。

 サンルイスポトシは道路が整備されており、メキシコ初心者の方でも安心して運転して頂けると思います。そんなサンルイスポトシではありますが、通勤時に必ずといってもいいほど目撃するのが交通事故です。ひとたび事故が起きると幹線道路は大渋滞です。折角信号がなくても結局止まることになってしまい、通常30分でつく道のりも1時間かかることもざらにあります。しかもそのほとんどが後ろからの追突で「ここで?」というところで発生しています。日本人の方はきちんと運転を習って免許を取得しているので加害者になることはないと思いますが、後ろから追突される可能性は十分あります。こちらで運転される際は前だけでなく後ろの車両にも注意して、安全運転を心がけてください。

パーキングメーターの利用方法 Mexico City

[ 2014-10-06 ]
写真3
交通量の多いメキシコシテイ市内で、駐車場を探すのは一苦労です。
PUBLICOと表示のある駐車場を利用するか、路上にあるパーキングメーターを利用する事となります。
日本人が多く住むPOLANCOエリアでは、このパーキングメーターが多く設置されており、短時間の利用には便利なのですが、
いざ使おうと思うと、操作方法が分からず戸惑う事となります。
今回はそのパーキングメーターの操作方法についてご紹介します。
写真1 駐車可能なエリア 写真1
写真の様に、白線で囲まれたエリアがありますので、空いているエリアを探し、自動車を停めます。
写真2 緑色のタワー型のパーキングメーター 写真2
写真2の緑色のタワー型のパーキングメーターが付近にありますので、ここで駐車予定時間数に応じて駐車料金を支払ます。
1.緑色のボタンを押します。
2.テンキーを使って、ナンバープレートの3ケタの番号を入力します
3.再び緑色のボタンを押します。
4.続いてコインを投入します。料金はパーキングメーター上に表示されています。
写真の例は、15分で2ペソ、3時間マキシマム。使用できる硬貨は、$1,
$2, $5, $10硬貨です。
5.必要な硬貨を投入後、再び緑色のボタンを押すと、レシートが印刷されて出てきます。
6.車に戻り、レシートをダッシュボードの上に、外から見えるように置きます。
操作方法は以上ですが、支払った予定時間内に戻らないと、レッカーされる事となります。
メキシコシテイでの駐車違反の取り締まりは非常に厳しく、見張りの係員が警官とともに見廻りを行っており、
それこそ1分でも遅れるとタイヤに機具(ストッパー)を設置されてしまいます。
例え時間内に車に戻っていても、運転席でカーナビの設定を行っている間に時間が過ぎてしまうと、
機具(ストッパー)を取り付けられ、高額な罰金を支払う事となりますので、是非時間内に戻るようご注意ください。
また、車上荒らし等の事件も多い為、極力PUBLICOの専用敷地のある有料駐車上を利用する事をお薦め致します。

アエロメヒコ航空 モンテレイ経由のフライト開始

[ 2014-09-02 ]

モンテレイはメキシコ北部に位置するメキシコ第3の都市。モンテレイ市の人口は110万人で日本の広島市、仙台市と同規模です。

このたび、メキシコ最大の航空会社アエロメヒコ航空がそのモンテレイへ、メキシコシティ発成田行きフライトの経由地を変更します。

現在、このフライトはメキシコシティと成田空港間を週4便運航していますが、これまではティファナ経由となっていました。

メキシコシティ(23:10発)⇒ ティファナ(00:50着/02:30発) ⇒ 成田(06:45着)

それが、9月18日よりビジネス顧客の需要が見込まれるモンテレイ経由へ変更となります。

メキシコシティ(23:25発)⇒ モンテレイ(01:50着/ 02:50発) ⇒ 成田(06:45着)

※成田空港発メキシコシティ行きは経由なしのノンストップです。

航空機

 ※モンテレイ フンディドーラ公園

公園

自動車産業の企業を中心にまだまだ成長・拡大が見込まれている、グアナファト・ケレタロ・アグアスカリエンテス・サンルイスポトシを中心としたメキシコ中央高原エリア。

また、これらのエリアには世界遺産も数多くもあり、今後も引き続きヒト・モノの動きが活発化することは間違いないと思います。

今回のアエロメヒコ航空のモンテレイへの経由地変更は、この中央高原エリアとのアクセス向上に寄与すること間違いなさそうです。

また、モンテレイを中心としたメキシコ北部のビジネス環境にも変化が生まれるかもしれませんね。  

メキシコの長距離バス

[ 2014-06-11 ]
日本の5倍の国土を持つ広いメキシコで便利な交通手段である長距離バス。
メキシコシティには東西南北4カ所にバスターミナルがあり、行き先によって出発地点が分かれるため事前にどのバスターミナルか調べておく必要があります。
メキシコ全土にバスが走っているため大変便利な交通手段かと思います。
(写真1)
1メキシコの長距離バスに乗って驚かされるのが、その「快適さ」です。 バス会社によって差はありますが、飛行機のように座席にモニターが完備されているバスですと、 映画、音楽、ゲームなどを楽しむこともできます。
またバス車内にwifiが繋がっているためインターネットの利用が可能です。
日本のように高速道路にはサービスエリアがないため、道中トイレ休憩はありませんが、 バスの後部にトイレが完備されています。
(写真2)
2バスのチケットの購入方法は、
1.バスターミナルの窓口で購入
2.インターネットでの購入
の二通り。
バスターミナルには複数のバス会社の窓口が設置されているため、 自分の目的地に向かうバス会社を選び、その窓口へ向かう必要があります。
窓口での購入方法は、受け付けで行き先を伝え空席情報を調べてもらい、 空席があれば席を指定、お金を払ってチケットを購入という流れです。
(写真3)3>一方インターネットでの購入も同じように日時、行き先を指定し、 空席情報が表示されたら座席を指定し、 最後に支払い情報(クレジットカード等)を入力すれば購入完了です。
購入完了画面をコピーし、これを旅の当日忘れないように持参しなければなりません。 バス乗車時にコピーの提示が必要となります。
バス乗車時の注意としては、
極力2等バスには乗らないこと 
1等バスであっても夜行バスは避けること
です。 やはりスリやバスジャック等が発生しやすいので 安全面を考慮すると乗らないにこしたことはないでしょう。 以上、メキシコの長距離バスの紹介でした。
上手くバスを利用して楽しい旅行をしましょう!
¡Buen viaje! (ブエン ビアヘ:良い旅を!)
リンク 一等バス
ETN http://www.etn.com.mx/ 
ADO http://www.ado.com.mx/ado/index.jsp
Primera Puls https://secure.primeraplus.com.mx/Default.aspx?alias=secure.primeraplus.com.mx/primeraplus

Mexico City 交通事情 Part 1

[ 2014-06-04 ]
【交通】【交通機関】【地下鉄】【バス】 image
今回は地下鉄とメトロバスについて
メキシコシティはとにかく車社会。渋滞が酷く、100m通過するのに数十分を要する事も珍しくありません。
特に通勤時間帯には交通がほぼ麻痺します。 また運転マナーも日本と大きく異なり、
特に日本から着任された際は、独特な交通ルールやマナーに慣れるまで、十分な注意が必要です。
地下鉄やメトロバス、タクシー等の各種交通機関も発達しており、上手く利用すればとても便利ですが、
一方で、利用にあたっては治安面での注意を怠らない事が重要です。
駐在員の方は、企業によってそうした交通機関の利用を控える等、ガイドラインが設定されているようです。
主な公共交通機関は、地下鉄とメトロバス(路面電車のようなバス、線路はなく専用車線を走ります)、そしてタクシー。
都市内を走る鉄道はありません。日本と異なり時刻表がなく、待ち時間は3分から15分と、幅があります。
【メトロバス】
1乗車6ペソで降車自由。路線間の乗り入れが多く、地下鉄よりも複雑です。改札をでない限り乗り換え自由ですが、
同名の駅でも離れた場所にあることがあります。主に市内中心部をカバー。
名実共に車内での物売り禁止(地下鉄車内には物売りが多い)で清潔感があります。
但し混雑時にはスリにご注意ください。乗車にはIC乗車券が必要で、日本のように予めチャージして利用します。
(発行料10ペソ、各駅に券売機がありそこでチャージ可能)
image Metrobus – ciudad de Mexico
【地下鉄】・・・1乗車5ペソで降車自由。他路線が乗り入れる駅なら乗り換えも自由です。市内の主要ポイントはほぼカバーしています。
2013年に全路線で物売り行為が禁止されたのですが、それでもよく売り子が乗ってきては競り市のような掛け声で様々な品物を売っています。
朝の上り線は東京以上に混雑しており、この時間帯での利用はお薦めできません。若干暗く、スリが多いので注意が必要です。
また駅出入り口の辺りも夜は暗く人通りが少ないので、強盗等の凶悪犯罪が起きた事例もあり、利用にあたってはそうしたリスクを理解した上での判断が必要です。
乗車には切符もしくはIC乗車券(メトロバスと共通カード)が必要です。有人券売所でのみ購入・チャージが可能です。
(切符には有効期限がなく1度に数回分購入可能です)
image Metro –sistema de transporte colectivo
(地下鉄・メトロバス共通事項) 先頭車両は女性専用又は優先車両となっております。(地下鉄 女性専用、メトロバス 女性優先)
また、ドアの開閉時間が短く、乗り過ごしにも注意が必要です。始発は朝5時頃、終電は深夜12時頃となっているようです。
次回はタクシーの利用方法についてレポート致します。