« 一覧へ

メキシコのスーパーマーケット

[ 2015-11-11 ]
P1020010
今回はメキシコのスーパーについて紹介したいと思います。

メキシコシティにある代表的なスーパーは、
Wal Mart(ウォルマート)、Bodega Aurrera(ボデガ アウレラ)、Superama(スペラマ)、
Soriana(ソリアナ)、Comercial Mexicana(コメルシアル メヒカーナ)、
Chedraui(チェドラウイ)があります。
それぞれスーパーがありますが、品揃えには極端な差はあまりないように思います。 walmart
日本のスーパーとの違いは、スーパーに入る前必ずかばんを預けなければならないことです。
リュックサックやかばんを持ったままスーパーに入ると警備員に止められ、
かばんを預けるように注意されます。
(小さな鞄だとそのまま持ち込みOKの場合もあります。)

基本的にはスーパー入り口付近にpaquetería (パケテリア:荷物預け所)が設置されており、
かばんを預け、代わりに番号札を受け取ります。
おそらくスーパー内での万引き防止のため、実施しているのだと思います。
番号札をなくしてしまうと罰金となるので注意が必要です。

もう一点の違いは、レジ横で買った商品を袋詰めしてくれる人に
propina(プロピーナ:チップ)を払わなくてはならないことです。
平均的に2ペソ程度、プロピーナを渡していますが大量買いした時は4、5ペソ程度渡しています。

スーパーには食料品から日用品まで幅広い品揃えしてあり、
最近ではオリエンタル食品(主に日本食)まで並んでいるところをしばしば見かけます。
よく見かける日本食は、ふりかけ、お米、調味料(しょうゆ、ごま油など)、インスタント味噌汁など、
品数は限られていますがスーパーで購入可能、
お米は1kgサイズで売っているので一人暮らしには丁度いいサイズです。 WP_000496
またお手頃なお土産を買うにもスーパーは大いに活用できます。
メキシコのお土産の定番といえばテキーラですがスーパーでは免税店より安く購入できますし、
100〜500ペソ以上の高いものまで種類も豊富、日本にはあまり出回っていないテキーラも手に入れることができます。

またお酒を買うには、個人的に検証した結果、
スーパーよりもBODEGAS ALIANZAというお酒を専門に取り扱っているお店で購入した方が全体的に10〜20ペソ安く買えたので、
時間がある場合はこのお店を覗いてみるのもいいかもしれません。

メキシコならでは、少し変わったお土産としてお菓子をプレゼントするのにもスーパーでだいたい揃えることができます。
メキシコでは何にでもチレをかけるぐらい辛いものが好きなので、スナック菓子から飴、
フルーツまでチレパウダーをまぶしたものがたくさんあります。
マンゴー味の飴もチレ味、ポテトチップスもチレ味、
ピーナッツもチレ味といったように好き嫌いはありますが、話のネタの一つとしてお土産にどうでしょうか。

以上メキシコのスーパーにまつわるお話でした。